日本人が海外で暮らすためのヒント
暮らし

フィリピンの電力事情と計画停電

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

8月1日の停電は予定よりも1時間短くすみました

 今日は私の住んでいるラプラプ市は計画停電でした。7月27日(月)にFacebookでアナウンスがあったところです。

 長すぎて全部読んでないのですが、発電施設のメンテナンスで8:00~17:00までラプラス市っで計画停電とのことでした。前日はそれに備えてパソコン、携帯、バッテリー、扇風機用の充電池をフルチャージにしたところです。

 事前に計画停電が発表されている場合で仕事が休みの場合は、モールなど、外に出かけて涼みに行くのですが、コロナの今の状況ではどうしようもなかったところです。

 この日に関しては、私の地域では実際、8:00~16:00ので済みました。アナウンスより短くなってホットしたところです。こちらの政府のアナウンスはあまり当てになりませんが、今の日本の状況を考えるとどこでもいっしょですかね。アナウンスが無く、不意に停電になることもありますので、特に仕事関係で連絡が取れなくなることのないよう気にしているところです。

フィリピンの電力供給事情

 フィリピンは電力の供給が不安定なようです。日常生活でもごくたまに電気が切れそうになったりします。

 また、別の仕事をしていた時に、停電に備えてジェネレーターを買うことにしました。オーナーを含めて周りにすすめられて停電時に自動的に電源がONになるジェネレーターを購入したところ、その購入後、いつも電力の供給量が一定でないので、停電にならなくても瞬間的に供給量が落ち、そのタイミングで自動的にジェネレーターの電源がONになる可能性があると言われたことがあります。

 そんなことならわざわざ高い自動スイッチ入りのを買わなかったです。結局、運用の際には、停電するたびに手動でスイッチ入れに行ってました。。。

 いずれにしてもフィリピンでは電力の供給が不安定で、不足気味。メンテナンスの間は停電せざるを得ないようです。今年はコロナで3月からはメンテナンスのための停電を見合わせていたようですが、さすがにそれから4カ月も経っていますので実行せざるを得なかったのではと思われます。

 フィリピンでは、石炭火力発電がメインだそうです。原子力発電については、もともと1976年に発電所が着工し、1985年工事がほぼ終了したものの、1986年に発足したアキノ政権によって安全性や経済性が疑問視され、運転認可が見送られた経緯があったとのこと。その後、地熱発電に舵を切っているそうです。ちなみに日本は100Vですがフィリピンは200Vですので、日本のドライヤーなどは一発で壊れるくらい強力です。

セブでのSIMカードはGLOBEが無難

 停電で家のWIFIも使えなかったので、携帯電話のデータ通信を試してみたのですが、私のデータ通信のSIMはSMARTで、電波もいまいち。停電中はあまりデータ通信はできませんでした。

 GLOBEであれば私の家でもアンテナがたくさんたっていましたし、データ通信も問題なかったのではないかと思われます。やはりセブはGLOBEの方が強いなと感じた次第です。実際にセブではGLOBEをメインに使っている人が多いのではないかと思います。

 なお、別のSIMでSUNというところもテキストし放題プランが若干安いので、セブで使っている人は多いようです。

 ちなみに8月2日(日)も残念ながら計画停電が8:00~17:00の予定です。少しでも短くなるといいなと思っています。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました