日本人が海外で暮らすためのヒント
暮らし

フィリピン人で泳げる人はあまりいません

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

日本人は泳げる人の割合が多いと思います

 日本は関東・甲信地方も梅雨明けしたみたいで、いよいよ夏ですね。私の場合は夏といえば海でした。晴れた日は良く海に行って泳いだものです。

 でも、フィリピン人は泳げない人が多いです。日本と同じ島国で、海に囲まれているのに「何で?」と思ったりするのですが、どうやら泳げる人の割合が多い国は世界ではそんなに多くないようです。

 日本人が泳げるのは、ほとんどの小学校や中学校にはプールがあり、体育の授業でみんなに教えられているのがその1番の理由ですが、そのきっかけは1955年の紫雲丸事故を教訓としているそうです。

 これは修学旅行中の児童生徒を乗せた紫雲丸という船が高松沖で第3宇高丸という船と衝突、沈没した事故で生徒100名を含む168名が溺死しました。そのため、それをきっかけに全国的に体育の授業で水泳を教えることになったといわれています。学校で水泳を教えているのは世界でも一部の先進国だけのようです。

 ちなみに、プールの維持管理には高いコストがかかります。フィリピンの一部の英語学校には生徒のために敷地内にプールがあるところもありますが、その維持管理には苦労しているとのことでした。プールがあるのであれば使わないともったいないですね。

フィリピンでは多少泳げるといいことがあることも

 私は小学校や中学校の時は泳げましたがあまり得意ではなかったです。

 ところが、フィリピンに来る前のリゾートマンションに住んでいた時に1年中使える20mのプールがあり、誰も使ってなくてもったいないと思って泳ぐようになりました。1人で泳いでいてもなかなかうまくならなかったので、週に1度水泳教室にも通い、それなりに泳げるようになったところです。

 フィリピンは常夏なのである程度泳げるようになっていて良かったです。

 プールなどで泳いでいるとフィリピン人が私の真似をしたり、教えてくれと声をかけられたり、中には私にレースを挑んできたりすることもありました。レースはフィリピン人に負けることはなかったです。こっちでは多少泳げるといいことがあるかもしれませんね。

 たまに長い距離を誰にも邪魔されずに泳ぎたいと思うことがあります。セブにはみんなで遊びに行くようなプールは比較的ありますが、競技などで使うようなきちんとしたプールはほとんどないので残念です。私の知る限りでは50mの屋外プールがセブ市のスポーツセンターにありますが、私の家からはちょっと遠く、まだ行ったことがありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました