日本人が海外で暮らすためのヒント
暮らし

フィリピンで革命が起こるきっかけとなった事件がありました

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

当時の一部始終は映像や音声で残っています

 本日の8月21日はニノイ・アキノ・デー(Ninoy Aquino Day)というフィリピンの祝日です。

 ニノイ・アキノとは、”ニノイ” ベニグノ・シメオン・アキノ・ジュニア(Benigno Simeon “Ninoy” Aquino, Jr.)元上院議員のことをいいます。

 彼は、フィリピン共和国第11代のコラソン・アキノ(Corazón Aquino)元大統領の夫であり、同第15代のベニグノ・シメオン・コファンコ・アキノ3世(Benigno Simeon Cojuangco Aquino III)前大統領の父親でもあります。

 彼はフィリピン人のために死を覚悟して亡命先から帰国し、帰国直後の1983年8月21日に凶弾に倒れました。

 TBSのカメラマンが彼に同行し、当時の一部始終を撮影しています。暗殺された瞬間の模様は映像に映っていませんが、その音声と暗殺直後の映像は残っています。

 この時、私は小学生でしたが、テレビで何度も映像が流れていたので今でもよく覚えています。これが何を意味するのかは理解していませんでしたが、動かない彼が空港で横たわっている映像は子供心に衝撃を受けました。

 この事件をきっかけに民主化が進み、今のフィリピンがあるのです。

マルコス元大統領のライバルとして

 ニノイ・アキノはその独裁政権で20年間大統領職あった第10代フェルディナンド・エドラリン・マルコス(Ferdinand Edralin Marcos)元大統領のライバルでした。

 1972年、当時大統領であったマルコスは、国内の政情が不安定なことを理由に、国の立法・司法・行政を軍隊の統制下に移す戒厳令を布告していますが、この戒厳令を敷いた際に、彼の支配に反対する反政府側の危険人物が約200人拘束され、ニノイ・アキノ上院議員もその中の1人として逮捕・投獄されています。

 そして、1977年に政府転覆の陰謀と武器の不法所持、殺人の容疑で死刑を宣告されますが、獄中で政治活動を続けていたこともあって、引き続き国民から大変支持をされており、マルコスは処刑することができませんでした。

 ニノイ・アキノが1980年、拘置所内でマラソン中に心臓発作で倒れた時に、フィリピンでの治療は難しいこと、また、たとえ病気が理由で亡くなったとしても、国民はマルコスに何らかの疑念を抱くのではないかと考え、彼を手術のために体よくアメリカに追放したのです。

 彼はアメリカのボストンでの3年間の生活中も選挙活動に関与し続けました。しかし、結局、自分がフィリピン人と寄り添わないことには何も変わらないと考えて帰国することを決断したんだと思います。

 彼はマニラに到着する前には「殺されるかも知れない。事件は空港で一瞬のうちに終わる」、また、「必ず何かが起こるから、ビデオカメラを回し続けておいてくれ」とも同行の記者に言っていたそうです。そして、台湾経由でマニラ空港に到着後、兵士に両脇を抱えられて空港のタラップを降りた10秒後に頭を撃たれて即死しています。。。

 この事件の約2年半後の1986年2月にフィリピンで革命が起きました。

コメント

  1. shem より:

    今年の2月からフィリピンにいますが、そんなことがあったなんて知らなかったです。他にも興味深いフィリピンの歴史の記事期待してます:)

タイトルとURLをコピーしました