日本人が海外で暮らすためのヒント
お出かけ

よく聞かれるフィリピンでのチップの話とセブの相場

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

空港、港、ゴルフ場では必ず払いましょう

 よく日本人でフィリピンに来た人に聞かれますが、フィリピンにもチップの習慣があります。

 空港や港などのポーター(荷物を運ぶ人)を利用する場合には金額が決まっている場合が多いです。

 セブでは荷物1個50ペソ(カートにまとめて乗せる場合はカート1台)が相場なので参考にしてください。もちろんそれ以上出す場合には問題ありませんが、少ないと運んでくれないこともあります。

 また、ゴルフではチップを払わなければなりませんので注意が必要です。キャディはそれぞれ1人ずつ場合がほとんどですが、セブのキャディーはチップがそのまま給料になりますので、必ず渡すようにしましょう。ゴルフ場で料金を払う際ににキャディフィーが取られていますが、こちらはゴルフ場に入ってキャディーへのバックは無いと聞いたことがあります。

 また、渡す金額は、あくまでもチップなので金額は決まってないのですが、セブのキャディーには通常500ペソは渡すようにしています。その他、フィリピンは熱いのでプレイ中に日傘を持っていてくれるアンブレラガール(女子大生の若い子が多いです。)をお願いする場合がありますが、彼女には300~500ペソ(キャディーよりも仕事量が少ないので多少安くても可)程度渡しているところです。

 なお、フィリピン人同士はもらったチップの額について自慢しあうのが普通なので、同じグループの人は事前に相談して同じ額にするなど、少し気を使った方がいいと思います。

ホテルやレストラン、タクシーなど

 ホテルについては、私などは部屋に荷物を運ぶ手伝いをするポーターには20ペソもしくは50ペソ、ルームクリーニングの際の枕銭は20ペソ~50ペソくらい払うようにしています。なお、ホテルによってはスタッフのチップの受け取りを禁止しているところもありますので、他のスタッフに見られないようにこっそり渡すように心がけているところです。

 サービス業、例えばレストランなどではサービスチャージとして料金に10%含まれている場合がありますので、その場合はまったく気にしなくていいです。観光客や外国人が行くような少し高めのレストランであれば、サービスチャージが入っていることがほとんどですので、チップの料金は含まれていると思っていいでしょう。

 他に私の場合は、気の利いたスタッフがいた時や、不注意で何かこぼしてしまって拭いてもらったとき、誤ってグラスを割ってしまったときなど、他のお客さんと違う扱いをしてもらった場合には渡すように心がけています。

 タクシーでは、お釣りをそのままチップとして渡すことが多いです。支払いの際に料金を確認し、お釣りを受け取らなくてもいい金額を渡しています。運転が荒かったり、乗っていて気持ちの良くなかった運転手には細かい金額までピッタリの金額を渡します。

 なお、タクシーの運転手によっては、お釣りがあるにも関わらず、「お釣りがない」と言って渡そうとしなかったりしますので、お釣りが欲しい時には「Please give me change(プリーズ ギブ ミー チェンジ)」などといって請求するようにしましょう。また、お釣りをもらうまで車を降りずに待っていればもらえる場合が多いです。

 そして本当にお釣りがないこともありますので注意しましょう。フィリピンでは基本的に前もってお釣りを用意していないことが多いので、その日の最初のお客さんだった場合は売り上げ自体がないので、運転手の手持ちの現金がありません。

フィリピン滞在中は細かいお金を持っておくようにしましょう

 チップを渡すテクニックとしては、可能であればサービスを受ける前に渡した方が気持ちよくサービスを受けることができます。また、渡したい人に直接渡しましょう。別に人に「このチップをあの人に渡してください」といって預けてもその人には渡りませんので、その場合は諦めましょう。

 また、フィリピンに滞在中はお釣りがもらえないことを前提に、なるべく細かいお金を持っておくようにしましょう。私の場合は、コンビニ、スーパー、モール、レストランなどの必ずお釣りがもらえそうなところでは、なるべくお釣りをもらって細かいお金を集めるようにしています。

 ちなみに、地域によって物価や最低賃金が違います。特にマニラ周辺の場合は上記の金額よりも多く渡した方がいいのでご注意ください。

 在住者の意見として、観光客などの方々に必要以上にチップを渡されると全体の相場が上がってしまうので、多少配慮していただけると嬉しいです。私たちにとっては毎日のことなので。。。

 セブやマニラの最低賃金については以下の記事の最後の方に少し書いてます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました